前へ
次へ

憲法と国民の基本的人権との関係

法律には様々な分類がありますが、どのように分類する考え方があっても、共通するのは憲法の位置づけです。
憲法は最高法規と憲法自身で規定しています。
これは、憲法に抵触する法律は効力がない、という形で現れます。
憲法に抵触し効力がない法律は司法が判断します。
これを違憲立法審査権と言います。
憲法は他の法律と違って、多くの歴史を経て成立しています。
封建社会から近代市民社会に移行する歴史で人権憲章と言われる人権に関する宣言がされました。
権力者が恣意的に国民に対し刑罰を課したり、税金を課したりしたことへの国民の反発と言えるでしょう。
イギリス革命、フランス革命が典型的ですが、課税という意味ではアメリカの独立戦争もこの範疇に入るでしょう。
こうした国民の基本的人権を権力者から守るという人類普遍の原則が憲法ですから、これに抵触する法律は国民の基本的人権を侵すものとして効力を有しないとしているのです。
さらに国民の基本的人権を守るための統治機構が具体的に定められて、それに従って日々の活動が行われています。

Page Top