前へ
次へ

法律系の資格を学んでキャリアアップ

法律家というと弁護士をイメージしますが、実は法律の知識を必要とする資格は他にもあります。
中には専門的な法律の勉強を大学でしていなくても受験できる資格もあり、注目されています。
行政書士は法律系の資格の中では、法学部を卒業していなくても受験する方が多く人気です。
法律的な知識に基づき、専門的な書類を作ることが仕事内容となります。
不動産業界で役に立つ法律系の資格としては、司法書士が挙げられます。
不動産を登記する際には司法書士に依頼をする不動産屋がほとんどなので、需要が高い資格と言えるでしょう。
これまでは士業の部類ではなかった宅建も、現在では宅建士という名称になっています。
こちらも不動産業界で働く人に人気の資格です。
法律的な知識も宅建士は問われるので、法学部出身者が受験するケースも多く見られます。
本格的に法律系の資格で仕事をしたいという場合には、ダブルで資格を所有するのがオススメです。
定番組み合わせとしては行政書士と司法書士のダブル受験が挙げられ、仕事に役立つ組み合わせです。

Page Top