前へ
次へ

犯罪を構成する三つの要素を考えてみる

六法全書を開くと、いくつかの法律が掲載されています。
そのうち最も法律らしい法典が刑法典だと言われる場合があります。
刑法は犯罪に対して国家が刑罰を課しますので、厳密な要件を定めておかないと、その手続きと相まって冤罪をおこす可能性があります。
犯罪は三つの要素によって成り立っています。
まず、刑法典に記載してある構成要件に合致していることです。
例えば、殺人罪であれば人を殺したという事実が構成要件といわれるものです。
次にその行為に違法性があることです。
違法性でも可罰的違法性といった程度が問われます。
違法性は刑法典に定められている構成要件は違法性を推定させます。
つまり、違法性がある行為が刑法典に定められているとも言えます。
しかし、違法性がない行為もあります。
例えば、格闘技で相手選手にけがをさせた場合です。
違法性阻却事由といわれます。
最後は責任能力です。
正常な判断力があるか、刑罰を課されたときその意味が理解できるか、と言った意味合いです。
事実認定でこの三つの要素を満たして初めて犯罪が成立します。

Page Top