前へ
次へ

弁護士に依頼をする怖さを知っておく

法律に関わるようなトラブルが生じた場合、弁護士に相談をすることを考える人はとても多いです。
しかし依頼をしても断る弁護士も多いです。
弱者の味方になってくれるような弁護士はほぼいません。
ドラマや映画などのフィクションの世界でしかありません。
現実の弁護士はどんなに有利な証拠があっても報酬を見込むことができないのであれば、泣き寝入りをすることを薦めてきます。
また勝訴をする可能性が高くても慰謝料請求などで弁護士報酬のほうが高い場合にも断ってくることが多いです。
結局お金にならない仕事はしない、ということになってしまいます。
違法なことを行なっていてもお金になるのであれば、虚偽の内容でも真実のような文書を作成したり、証拠を作ってしまうということもあります。
判事も平等に考えてくれる、判決を出してくれると考えているかもしれませんが、これも信用することができません。
正義が勝つ、正しいことが勝つということはごく一部の裁判に限られています。

Page Top